短足の人のファッション、どうしたら足長に見える?

10271031.jpg

トップスの丈や色、ファッションに気を付ける

短足の人が少しでも足長に見せたいとき、コーデで見せ方を変えることは可能です。

足の長さは急に変えることはできませんので、全体のバランスを見たときに工夫します。

ウエストをあいまいにしておくと足の長さがわかりにくいことがあり、メリハリがつきません。

トップスの丈は長いものを避けて、短めのものを使用します。

また、色やデザインもトップスを華やかなものにしておくと、目線が上半身に行きますので、下半身に視線が行きません。

注意をそらすことで、足が短いのを感じさせなくします。

例えばストラップが長めのネックレスや、デザインが派手なものを選ぶと視線はそこに行きますので、足の長さなどは気にならなくなります。

上半身のファッションに気を付けるのが良いです。

靴と同じ色のパンツをはく

足自体を急に長くすることはできないですが、靴とパンツを同じ色にして、足が長くなったように見せることはできます。

スニーカーを選ぶことは避けて、黒いショートブーツなどを選んで、隙間なくパンツをはいているとそのまま足のような印象を受けます。

トップスを工夫しなくても、履く靴で工夫することで足自体が長く見せることになりますので、特に短足が気になる人には向いています。

パンツも太っているなど体型に問題がない場合、細身のものを選びブーツを選ぶとさらなる足長効果もありますし、細くスタイルがよく見えることがあります。

引証=服 レンタル

この記事へのコメント